トレガーフェスタ東京2017 終了しました!

「トレガーアプローチでナチュラルな美しさを」

「なんか、いつのまにかキレイになってる!」
「あれ?そんなにキレイに歩いてったっけ?」
なんて思ったり、思われたりするのって嬉しいですよね。
トレガーアプローチって「いつのまにか」なんです。
矯正された美ではなく、自然でナチュラルな美を手にいれませんか?

和気あいあいとしたワークショップです。

トレガーアプローチの扉を開くと、長いですがゆるりとした学びが続きます。

2017年のトレガーフェスタでは、トレガーメンバーがどんな風にトレガーアプローチを感じ、捉えているのか、どんな風に学んでいるのかを中心に行います。

実際のクラスも、カチッと勤勉に学ぶというより、笑いあり、温かみありの輪の中で和気あいあいと進んでいきます。

一般の方々にも、トレガーメンバーの様子や雰囲気、普段の学びの様子を感じ取っていただけたらと思います。

たくさんの皆様のご参加をお待ちしています。

 

日 程 2017年3月20日(月・祝) 

時 間 10時~16時 (9時45分受付開始)

会 場 東京中央区立産業会館 2階展示室

住 所 東京都中央区東日本橋2-22-4

参加費 一般 1,500円(1名)

    一般ペア 2,000円(2名)

    以前トレガーメンバーだった方 1,000円(1名)

    参加費は当日現金にて、会場受付にてお支払いください。
    おつりがないようにして頂けると助かります。

服装  動きやすい格好でご参加ください。

    更衣室はございません。お着替えをされる場合は、お手洗いをお使いください。

お願い 昼食はご自身でご用意ください。
    近隣に、飲食店、コンビニエンスストアがあります。

    お昼休みは外食していただいても、会場内で食べていただいても自由です。

    空になったペットボトル、お弁当ケースなどはお持ち帰りをお願いします。

 

主なプログラム

プログラムは、一部変更になる可能性もあります。
ご了承ください。

写真は、トレガーフェスタ東京2014開催時の写真です。

午前の部(10時より)

  1. オープニング
  2. 歩いてみよう!
    一般の方も、メンバーもみんな普段普通に歩いています。
    まずは普通に歩いてみよう。
    次に、トレガー的に歩いてみよう。
    あなたはどんな風に歩いてる?
     
  3. トレガーアプローチってどんなもの?
    トレガーメンバーにとって、トレガーアプローチってどんなものなんでしょう。
    メンバーはどんな風に楽しみ、どんな風に学んでいるんでしょうか。
    どんなことを息しして過ごしているのか聞いてみませんか。
    これから、学ぼうと思っている方々の参考にもなるかもしれませんね。
     
  4. プチ・プラ研(公開セッション)
    「身体が違うとどう違う?」
    「プラクティショナーが違うとどう違う?」
    プラクティショナー(有資格者)になってからも学びは続きます。
    プラクティショナー研究会、通称「プラ研」にてお互い学びを深めています。
    2名のモデルと2名のプラクティショナーで、それぞれどんな違いが現れるのかみてみましょう。
     
  5. 質問・感想シェアコーナー
    一般の方もメンバーの方も、どんどん発言しちゃいましょう!

 

昼休み

  昼食はご自身でご用意ください。

 

午後の部

  1. 歩いてみよう!~その2~
    午前中のことを参考に、トレガー的に歩いてみましょう。
    テーマを持って歩いてみよう。
    イメージを持って歩いてみよう。
     
  2. 講演「トレガーアプローチについて」
    トレガーアプローチってどんなものなんでしょう。
    トレガーアプローチと美ってどんな関係?
    どんなお話が聞けるかな。
     
  3. 体験しよう!椅子で行うトレガーアプローチ
    椅子にて、トレガーアプローチを体験しましょう。
    やってみよう。受けてみよう。
     
  4. 質問・感想シェアコーナー
    一般の方もメンバーの方も、どんどん発言しちゃいましょう!
     
  5. クロージング

  

TRAGER® APPROACH について

足をワークするトレガー博士
ミルトン・トレガー博士

 トレガーアプローチはアメリカのミルトン・トレガー博士によって開発されたボディワークです。

 

 トレガー博士は自らの体験のなかから、体にはもともと自由に、軽く、楽に動く機能が備わっており、もし何かの理由で抵抗や固さを感じたときには、その内側(抵抗がなく楽に動く範囲)で心地よく動くことで、本来持っていた自由に、軽く、楽に動く機能を思い出す(再教育)することを発見しました。

 

 そこでトレガー博士は“重さを量る”、“彫刻する(形を感じる)”、“軽く伸ばす”、“ロッキング(揺らす)”など穏やかで心地よい動きを繰り返すことで、体が本来持っていた自由に、軽く、楽に動くことを思い出すサポートするワークを始めました。それがトレガーアプローチです。

 

 トレガーアプローチには、プラクティショナーが受け手に働きかけるテーブルワークのほかに、メンタスティックスと呼ばれるものがあります。

 

  メンタスティックスとはメンタルとジムナスティックスが合体した言葉でトレガー博士が造語したものです。メンタスティックスを一言で説明するならば、“動きを感じながら動く”ことです。体に意識を向けることで、体をより繊細に感じて、体の変化や求めに気づき、その求めに応じて体を動かすことです。メンタスティックスは個人で行うことができるため、トレガーアプローチのセフルケアとして用いられています。

 

 トレガーアプローチを受けると多くの方が楽な感覚、自由さ、軽さ、くつろぎ、安定を感じます。トレガー博士はこの体験のことを“リラクセーションを超えた平和な感覚”と呼びました。

 

 

トレガーアプローチについて詳しくは日本トレガー協会のサイトをご覧ください。